外国人労働者の雇用・就労をサポートする団体【スマイルクリーパー協同組合】

在留資格について

事業実績

日本を元気に!
アジアを元気に!

技能実習制度、
及び特定技能の活用したい
企業様へ

日本の企業が、本制度を利用し、外国人就労希望者の受入れを行うには「技能実習」と「特定技能」の2種類が有ります。
両者の主な違いについては、以下の通りです。
※スマイルクリーパー協同組合では、外国人技能実習生の監理・支援を行います。

技能実習 特定技能1号 特定技能2号
活動内容 技能実習計画に基づいて講習を受け、
及び技能等に係る業務に従事する活動(1号) 技能実習計画に基づいて、技能等要する業務に従事する活動(2号、3号)
相当程度の知識または経験を要する業務に従事する活動 熟練した技能を要する業務に従事する活動
技能水準 なし(前職用件等あり) 分野別技能試験棟の合格
(技能実習2号を良好に修了した者は試験等を免除)
熟練した技能
日本語能力水準 なし 日本語能力試験(N4以上)等
(技能実習2号を良好に修了した者は試験等を免除)
なし
在留期間 技能実習1号:1年以内、2号:2年以内
技能実習3号:2年以内(合計:最長5年)
上限:通算5年
(1年、6か月、4か月毎に更新)
更新回数に制限なし
(3年、1年、6か月毎に更新)
転職 原則不可
但し、実習実施者の倒産等やむを得ない場合、
2号から3号への移行時は転職可能
同一の業務区分内または試験によりその技能水準の共通性が確認されている業務区分間において転職可能 可能
賃金 日本人と同等以上 日本人と同等以上 日本人と同等以上
ページトップ